MENU

同窓会で久しぶりに元彼と再会した私は、夫が出張でいないこの3日間・・・彼に中出しされて何度もイキました。 水野優香 四十一歳

アイポケキャンペーン30%OFF第5弾の全ての作品を見る
リアルタイム人気動画!今、一番動画を見るされてる作品です!要チェック!

FANZA_TOP

【セール】
60%OFF
【福袋】汚い大人に騙されハメられた美少女たち 52名2878分

FANZA_TOP

【ながえスタイル他30%OFF】【独占】【新作】
30%OFF
【AIリマスター版】AIリマスター復刻版 リアル映像・性犯罪エロチシズムセット 永久保存1300分 総勢47人被害者
売れ筋の動画すべて見る
期間限定セールの全ての作品を見る

目次

同窓会で久しぶりに元彼と再会した私は、夫が出張でいないこの3日間・・・彼に中出しされて何度もイキました。 水野優香 四十一歳

出演:—-
メーカー:センタービレッジ
収録時間:1時間30分
販売:300円



無料サンプル動画の再生

作品レビュー
2018年3月40歳のとき『初撮り人妻ドキュメント』にて、体育大学卒業後、中学教諭を経て結婚。フィットネスクラブのアドバイザーとして働く素人スポーツ奥様としてデビューした水野優香さんだが、『センタービレッジ20周年作品第二弾 息子を交姦する美人母たち スワッピング中出し近親相姦』ではベテラン川上ゆうと二枚看板で共演も果たし、今やすっかり人気熟女AV女優の風格だ。本作はそんな優香さんの美貌と魅力が存分に堪能出来る90分。ヒロインの優香は10年振りに同窓会に出席し、当時の恋人・健太郎と再会。付き合っていた頃から20年以上の月日が経ち、若気の至りで別れてしまった過去のわだかまりも消えていた二人は、自然と連絡先を交換していた。数日後、夫が不在な平日の午後、優香はぼんやりとスマホに記録された健太郎の電話番号を眺めていた。すると当人から電話が。仕事で近くまで来たから逢いたいという。マンションのダイニング・テーブルを挟んで話す二人。すると健太郎が優香の手を握ってきた。「ダメよ、お互いに結婚してる身じゃないの」と口では言うものの、彼女も自分の感情を抑えられない。口づけされると舌を絡ませて応じ、乳房を揉まれフローリングの床に押し倒された。「ココで?」と言いながらも、健太郎の強引さが嬉しい。「抱いて」と官能に酔い、パンティを脱がされ指マン。自分からズボンを脱がせ、「まあ、イヤらしいお汁出して」と夢中で頬張り、お互い全裸になってシックスナインから挿入。「お尻見せて」と言われ四つん這いでバックから受け入れ、最後は「ダメ、イッちゃう」と言いながら、昔の恋人の精液を膣で受け入れるのだった。(AVライター 東良美季)に押し倒された。「ココで?」と言いながらも、健太郎の強引さが嬉しい。「抱いて」と官能に酔い、パンティを脱がされ指マン。自分からズボンを脱がせ、「まあ、イヤらしいお汁出して」と夢中で頬張り、お互い全裸になってシックスナインから挿入。「お尻見せて」と言われ四つん這いでバックから受け入れ、最後は「ダメ、イッちゃう」と言いながら、昔の恋人の精液を膣で受け入れるのだった。(AVライター 東良美季)に押し倒された。「ココで?」と言いながらも、健太郎の強引さが嬉しい。「抱いて」と官能に酔い、パンティを脱がされ指マン。自分からズボンを脱がせ、「まあ、イヤらしいお汁出して」と夢中で頬張り、お互い全裸になってシックスナインから挿入。「お尻見せて」と言われ四つん這いでバックから受け入れ、最後は「ダメ、イッちゃう」と言いながら、昔の恋人の精液を膣で受け入れるのだった。(AVライター 東良美季)に押し倒された。「ココで?」と言いながらも、健太郎の強引さが嬉しい。「抱いて」と官能に酔い、パンティを脱がされ指マン。自分からズボンを脱がせ、「まあ、イヤらしいお汁出して」と夢中で頬張り、お互い全裸になってシックスナインから挿入。「お尻見せて」と言われ四つん這いでバックから受け入れ、最後は「ダメ、イッちゃう」と言いながら、昔の恋人の精液を膣で受け入れるのだった。(AVライター 東良美季)

なんとソクミルに登録すると無料で500ポイントを即プレゼント!今すぐこの動画を高画質フルバージョンで見れます。

※画像クリックで拡大表示



















無料動画のダウンロード

メディアプレイヤー用
ファイル1
ダウンロード保存用MP4動画ファイル(右クリック→対象をファイルに保存)
ファイル1




※ご注意※

当サイトで配信している全ての無料動画の著作権は製作、販売メーカー様にあります。動画の再配布等は絶対になさらない様にお願いします。

新作情報

アーカイブ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次